Interview

インタビュー

西鉄アカウンティングサービス スタッフ

2012年入社

多久島 梓

Azusa Takushima

Q入社を決めたポイント/これまでの歩み(キャリアパス)
簿記の専門学校に進学したため、せっかくなら経理の仕事ができたならいいなと考えていました。
様々な経理職の求人がありましたが、その中でも多種多様にある西鉄グループ会社の経理に携わることができる当社に魅力を感じ入社を決めました。
また、親会社が西鉄ということもあり、将来への安心感もありました。
Q現在の仕事内容
主に会計主務として担当会社の経理業務のサポートを行っております。
業務内容は、伝票審査や決算業務、お客様からの日々の会計・税務に関してのご質問への対応といった内容です。伝票審査と一言で言っても会計面、税務面、またお客様の会社や西鉄グループ内でのルールを念頭に入れ審査しなければならないため、慣れるまでは大変でした。
その他にも現在では、2021年度から適用される収益認識基準の対応メンバーとして、各グループ会社の取引内容の整理、会計処理の検討のサポート等の業務も行っております。
年々変わっていく会計規則や税制改正対応する事も西鉄グループの中での当社の役割となっています。それも当社の一つの特色だと思います。
Q仕事をする上で気をつけていること
仕事をする上で意識していることはお客様や職場でのコミュニケーションです。
業務上、お客様に対して資料の作成や伝票入力のご依頼をこちらからすることも少なくありません。 そのため、日ごろからお客様と良好な関係を築くように心掛けています。
知識やスキルだけではなく、お客様や職場の人とコミュニケーションをとり、うまく連携をすることで正しい情報のもと正しい決算数値を導き出す事ができると考えています。
Qワークライフバランス
当社はフレックスタイム制度が採用されています。
担当会社との兼ね合いはありますが、自分で働く時間を調整することができます。
私は繁忙期に行けなかった美容室に閑散期の平日の昼間に行くなどして活用しています。
他の社員は自分のスキルアップのための時間にあてたり、お子様との時間にあてたりなど各々上手に活用しています。
また、一年間のスケジュールがある程度明確になっているため、少し長めの休みを取っての旅行など、プライベートの計画も立てやすいです。
仕事は大変ですが、その分プライベートを充実させて仕事へのモチベーションにしています。
Q会社および従業員の特徴や雰囲気
年齢に関係なく、意見が言える職場だと思います。
マネージャーとの面談や各班での小集団活動、全体会議など自分の意見を発信する場も多くあります。
仕事のやり方や会計処理で迷った時でもすぐに誰かに相談できる環境があると思います。
現在の班では0ne Teamを合言葉に困ったときはお互いに助け合って仕事をしています。
近年は女性も年々増えてきて、より一層にぎやかな職場になってきています。
Q西鉄アカウンティングサービスへの入社を検討している人へのメッセージ
当社は、社内勉強会が開催されたり、外部講師を招いてのセミナーがあったりと従業員へのスキルアップのサポートも充実しています。また、資格支援制度もありますので仕事をしながら夜間の学校に通ってしっかり会計・税務の勉強をすることも可能です。
一人一人が、自分のペースでスキルアップすることができる会社だと思います。
男女、年齢関係なく、それぞれの働き方ができるのも当社の魅力ではないでしょうか。
私たちと楽しく仕事がしたい方、経理のプロフェッショナルになりたい方、皆さん大歓迎です。
西鉄アカウンティングサービス スタッフ