Interview

インタビュー

西鉄アカウンティングサービス スタッフ

2008年入社

馬場 亮太

Ryota Baba

Q入社を決めたポイント/これまでの歩み(キャリアパス)
簿記の専門学校に通っていたこともあり、将来は経理関係の仕事をしたいと思っていました。また、福岡で生まれ育ったため、西鉄グループに親近感を感じていました。そんな中で弊社から求人があり、自分にピッタリな会社だと思ったのがきっかけでした。
Q現在の仕事内容
会計主務として担当会社の経理業務のサポートを行っています。
担当会社へは訪問する形式と担当会社へ席を設けていただき常駐勤務を行う形式のパターンがありますが、私は常駐勤務での担当を行っています。
業務内容は主に伝票審査、決算業務です。
伝票審査業務は最終的に決算、税務申告へと繋がる業務となりますので、会計上の考えだけではなく税務上の考えを意識して審査を行う必要があります。
また、当社はコンサル的役割も持っております。
会計処理を行う上で各社から相談を受けますが、相談の中には非常に難易度の高いものもあり、自分だけでは判断できかねる案件も多数あります。そのような場面では、本社や親会社の経理部、時には会計士、税理士の先生へ相談を行いながら、業務を進めています。
その他、次年度予算や中期経営計画の策定、会計監査の立会人として担当会社のサポートを行うこともあります。
近年では、業務効率化への意識が高まってきています。
弊社では業務効率化の取り組みとしてRPA(ソフトウェア型ロボット:Robotic Process Automation)の活用を試みていますが、その推進プロジェクトにも参加させていただいています。
今後、グループ会社各社のニーズに応えることができるように、より一層各社の改善できる部分に目を向けて、情報収集を行いながら日々の業務を行っています。
Qやりがい
会計主務という会社の顔として担当会社を任されていますので、非常に責任重大な役割です。
責任ある役割を任されているからこそ、決算が完了した際には達成感を感じると共に無事に業務を遂行できたという安心で胸がいっぱいになります。
Qワークライフバランス
経理業務が集中する月初めには残業することもありますが、比較的業務が少ない月の後半はフレックスタイム制度を活用して、午前中のみの勤務や10時から16時までの勤務等、自分で業務スケジュールをコントロールすることができます。
連休前の勤務を夕方で切上げて、ちょっとした旅行に行くなんてこと等も可能ですので、仕事とプライベートを両立できる制度だと感じています。
Q会社および従業員の特徴や雰囲気
業務を堅実に進めるタイプが多い印象です。
年齢の近い社員も多いため、気軽に同僚に相談しながら互いに切磋琢磨して自己を高めようとする雰囲気があると感じています。
コミュニケーションも良好で、若手主導のレクレーションを開催することもあり、年齢問わず大変仲が良い印象を持っています。
Q西鉄アカウンティングサービスへの入社を検討している人へのメッセージ
各社のサポートを行う上で経理知識だけではなく様々なスキルが必要になりますが、社内勉強会の開催や、社外セミナーへ参加も推奨されているため、知識やスキルは入社してからでも十分に学べる環境です。 長年業務を行っている上司や先輩からもフォローをいただきながら業務を行うことができるため、困ったことがあっても、サポートを十分に受けられる環境があります。
また、西鉄グループ内には様々な業種の会社があるため、担当変更を重ねる内に多様な経験を積むことができるのも弊社ならではだと思っています。
担当会社へ訪問する機会が多い会社ですので、元気で明るく、いろんな事にチャレンジしたいと思っている方をお待ちしております!
西鉄アカウンティングサービス スタッフ