Interview

インタビュー

西鉄アカウンティングサービス スタッフ

2007年入社

山口 智昭

Tomoaki Yamaguchi

Q入社を決めたポイント/これまでの歩み(キャリアパス)
高校、専門学校と簿記を学び、その知識を活かしたいと思い経理業務ができる企業への入社を目指していました。
当社を決めたポイントは、多種多様な西鉄グループの経理業務全般が経験でき、また面接等で感じられた明るい社風が自分に合っていると感じた事が入社の決め手となりました。
2007年に入社後は、グループ会社担当として西鉄グループ会社の経理業務を経験し、2016年から連結担当へ異動となり現在に至ります。
Q現在の仕事内容
現在は私を含め5名から成る、西鉄グループの連結決算を実施するチームの総括を任されています。各決算期において正確かつ確実、丁寧な連結決算業務をチーム全体で遂行するほか、チームマネジメントや各メンバーの業務支援、成長支援を実施しています。
Qやりがい
私たちが作成した決算書は公に開示され、投資家の方々をはじめとするステークホルダーに大きな影響力を与えていると思っています。よって、ミスは絶対に許されないとプレッシャーを感じることもありますが、西鉄グループの連結担当として自覚をもって業務を遂行しています。
Qワークライフバランス
連結決算業務では数値作成から開示までを短期間で遂行しなければなりません。なので、決算時期は忙しいですが、それ以外の時期はほとんど残業することはなく、定時退社をしています。
繁忙期以外では、比較的休暇が取りやすい環境だと実感しており、オン・オフのバランスを取ってリフレッシュできるところが魅力です。
Q会社および従業員の特徴や雰囲気
上司や先輩、後輩など従業員同士の距離感が非常に近い会社だと思います。
経理と聞くと真面目で勤勉なイメージがあるかと思いますが、当社は個性的で活発な人たちが多く、明るい職場だと思います。
Q西鉄アカウンティングサービスへの入社を検討している人へのメッセージ
入社後は先輩社員や上司による周りのサポートも充実しているので、簿記の知識を活かしたいと思っている方や経理業務の経験のある方は、十分に活躍できる環境です。
社内研修や資格取得支援制度も豊富なため、より深く経理の知識を学びたいという高い向上心を持っている方にとっては、とても働きやすい会社だと思います。
西鉄アカウンティングサービス スタッフ