Interview

インタビュー

西鉄アカウンティングサービス スタッフ

2009年入社

有留 千絵

Chie Aridome

Q入社を決めたポイント/これまでの歩み(キャリアパス)
以前は、契約期間に任期のある受付業務の仕事をしていました。いつまで働き続けられるか不安を感じながら仕事をしていると、次第に何か専門職につきたいと考えるようになりました。それまで経理の知識・経験は全くなかったのですが、経理の知識はどこの会社に行っても必要にされると思い、簿記の資格をとり転職を決めました。
中途で経理に転職するのは経理経験のある募集が多かった中、当社と出会い、派遣社員として入社しました。
入社してからは、グループ会社の経理の一員とし経理業務を学ぶ反面、弊社は、会計知識を強みとする会社ですので、お客様から経理に関する多くの質問や相談を受けることがあります。お客様が会計処理で困っていることに対して少しでも力になれることや、お客様にとって役立つ情報提供が行えたりする事にやりがいを感じながら仕事が出来ました。そんな中、派遣社員から正社員になるお話しをもらい、入社を決意しました。
Q現在の仕事内容
主にグループ担当会社の伝票入力を行う仕事をしています。
会社によって全ての伝票入力を受託する会社や、請求書や現金、預金などの特定の伝票入力だけを受託する会社もあり、担当する会社によって様々です。
他にも契約によって違うのですが、経理システムに入力したデータから支払いをする業務も行っています。
その他、毎月の収支表の作成や残高の作成などの業務も行っています。
決算期には、決算業務の補佐を行い、引当金の計上伝票や法人税等の計算も行います。
予算・事業計画等の計画業務の資料作成のお手伝いをしたり、その他にもお客様からのご質問の回答をする為に資料を作成したりします。
Q仕事をする上で気をつけていること
お客様との円滑なコミュニケーションを心掛けています。
資料からだけでは内容が分らず疑問が生まれます。そういった際に、コミュニケーションがとれていると、お客様に直接質問することができ、正確な情報を得る事ができます。また、お客様からも質問もされやすくなり、早めに対処できたりトラブルやミスも未然に防げたりすることもあります。
お客様から相談を受け、それを回答し、アドバイス等をすることによってお客様との信頼関係が生まれます。その結果、お客様に頼りにされるようになり、やりがいへと繋がります。
Q働きやすさ
当社はグループ会社から経理業務を受託しており、グループ会社統一の締日がありますので、残業が発生したりすることもあります。そんな時に役立っているのがフレックス制度です。 支払期日や締日等の業務スケジュールは厳守しないといけませんが、基本的に自分のペースで仕事ができるので、業務時間に余裕がある時は、フレックス制度を活用し、平日にしかできないような用事を済ませる事ができます。
Q会社および従業員の特徴や雰囲気
経理業務というと固いイメージがあると思いますが、グループ会社担当など、お客様と密にコミュニケーションを取りながら仕事をするので、色んな方と関われる機会が多くなり、そういった点で営業職のような要素もあるので、話すと明るい人が多いです。
職場の雰囲気としては、仕事的にスピードと正確性、知識を要求され、担当によって忙しい時期が違う場合もあるので、静かな雰囲気で時期によってはピリピリしている時もありますが、時間に余裕がある時などは笑い声も聞こえてきます。
Q西鉄アカウンティングサービスへの入社を検討している人へのメッセージ
経理経験が全くなかった私でも会社が行っている勉強会や外部のセミナーに参加させて頂いたり、周りの方のサポートや教えを受け、最近では実務でも任される業務範囲が広くなり、徐々にではありますが知識の幅も広がってきているように感じます。
経理経験が初めての方でも、チャレンジ精神や責任感のある方は、サポートやチェック機能がしっかりしていますので大丈夫です!
グループ会社担当は、色々な業種に関われるので色々な取引の処理や流れを学べ、さらに知識を深めていくこともできます。
経理知識を深めたい方やコミュニケーションが好きな方、ミスの許されない責任ある仕事になりますのでやりがいを感じて新しい事にも怯まず追及できる方、向いていると思います。
西鉄アカウンティングサービス スタッフ